あい☆らぶ

自分の性の魅力を再発見。セックスレス、性交痛、妊活で壁。自分が幸せであることを解放して大胆に!

足の匂いと蒸れが臭い

においの原因 足の匂いの原因

足の匂いの原因|「足・靴・靴下」の「イソ吉草酸」を対策する

足の匂いは性別を問わず発生する体臭の一つです。
履いている靴の中が蒸れて高温多湿になることで発生する雑菌が原因です。

女性の場合は通気性の悪いレインブーツやブーツ、ストッキングの影響で汗が蒸発せず足が蒸れてしまいます。
男性の場合は、長時間ビジネスシューズを履き続けることで靴下も含めて足が蒸れてしまいます。
汗で蒸れること=雑菌が繁殖しているということを意味します。

さらにこの足の匂いをすべて取り去るには、靴、靴下、足の3つを同時にケアする必要があります。

足の匂いの原因

足の匂いは、足の皮膚や爪の中に存在する悪玉常在菌、靴の雑菌が汗や古い角質や皮脂を餌として繁殖します。
さらに蒸れることで、雑菌が繁殖しやすい環境が整います。
雑菌が餌を食べ、分解したときに発生するのが足の嫌なにおいなのです。

靴の中は密閉状態です。
密閉状態になった足は、蒸れることで雑菌の餌となる角質層がはがれやすくなります。
蒸れをを助長する汗をさらにかくことになります。

靴の中は雑菌が住みやすく、心地よい環境そのものなのです!

この匂いのもとは「イソ吉草酸」
チーズが腐ったような匂いと表現されるほどの強い不快なにおいを発します。

足の匂いを感じるときは、足の爪の間まで石けんで洗浄し、靴下(ストッキング)をはきかえ、靴を除菌・乾燥する3ステップを行うことで無臭化することが出来ます。

 

-においの原因, 足の匂いの原因
-, , , ,

関連記事