あい☆らぶ

自分の性の魅力を再発見。セックスレス、性交痛、妊活で壁。自分が幸せであることを解放して大胆に!

デリケートゾーンの匂い

デリケートゾーン

女性特有デリケートゾーンのにおいの原因と対策は!?生理前後の匂いが!

女性は臭いに敏感な人が多く、男性が放つ臭いを嫌煙しがちです。
しかし!女性には女性特有の臭いがあるのをご存知でしたか?

女性特有の臭いは女性ホルモンが原因となるものやダイエットなどから引き起こされます。また、整理中のデリケートゾーンのにおいは気になりますよね。

女性特有の臭いの原因はどんなものなのか?きちんとした知識を得て、しっかりと対策しましょう。

デリケートゾーンのにおい

デリケートゾーンの匂い

デリケートゾーンのにおいは女性特有のものです。
特に、女性ホルモンの影響で生理前後は臭いが強くなります。その時期は特にしっかりとケアをしないと、においだけでなく痒みの原因にもなってしまいます。かゆみがひどい場合は雑菌(カンジタ菌、大腸菌、ブドウ球菌)が繁殖している場合もあります。

デリケートゾーンは形状がとても複雑で、おりものがこびりつきやすく、尿なども付着してしまいます。汗が多い時期はトイレットペーパーが付着してはがれないという経験をした女性もいるのではないでしょうか?
生理前は女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になり、その脂が酸化することでにおいを発します。

さらに、生理中は経血までも絡み合い、汗で高温多湿の状態になってしまいます。夏になると、下着が蒸れてナプキンが不快に感じるくらいの湿気になり、雑菌が繁殖してしまうのです。

デリケートゾーンのにおい対策

女性のエチケット デリケートゾーン

洗う=清潔に保つという一言に尽きます。
ゴシゴシ洗うのではなく、丁寧に優しく洗うのが基本です。

顔を洗う時の様に、手や泡立てネットで泡立てた泡で優しく洗うのが望ましいです。優しく洗いながらも、形状が複雑なのでアカなどが残らないように、しっかりと洗います。
下記の4つの部分を一つずつ、洗い残しが無いように、傷つけないように指の腹を使って、洗います。
・陰毛(陰部の毛が生えている部分)
・陰核(クリトリスの部分)
・性器部分(膣の部分)
・会陰部分(性器と肛門の間部分)

陰毛については長くなると、清潔に保てない原因にもなるので短めに切りそろえるのも一つの方法です。頭皮と同じように毛根の皮膚部分を指の腹で洗います。

デリケート部分を洗う際の注意点
膣の中まで石けんで洗うのはNGです。においを発する雑菌だけではなく、膣の中には「デーデルライン桿菌」という善玉菌も存在して、膣内を酸性に保ってくれています。
酸性に保つということは、細菌の感染からブロック
しているということです。

とくに、石鹸やボディソープに含まれる「界面活性剤」は刺激が強すぎるので、膣内の炎症などのトラブルの原因にもなるのを忘れないでください。

膣内を洗う場合は、シャワーなど清潔なお湯でさっとすすぐという形が良いです。
とくに経血などが膣内に付着している場合は、お風呂に張った際に軽く洗い流す習慣をつけましょう。
外出先でにおいが気になる場合は簡単に携帯出来て、トイレなどでも使うことが出来る膣内専用の洗浄ジェルでにおいだけでなく、痒みにも効果があります。
女性のデリケートゾーン 臭う

悪臭が気になり膣を過剰に洗浄する→善玉菌の減少→自浄作用の低下→雑菌が増殖して炎症を起こす→臭いがますます強くなる→臭いが気になって念入りに洗う…という悪循環に陥ってしまうのです。

 

 

 

-デリケートゾーン
-, ,

関連記事