あい☆らぶ

自分の性の魅力を再発見。セックスレス、性交痛、妊活で壁。自分が幸せであることを解放して大胆に!

口臭の原因と対策

口臭の原因

口臭の原因|90%が口内にある

口臭に悩む人の多くは自分で自分の口の臭いを臭いを感じたことがあります。
これは自分で気づきにくい体臭とは大きく違う点です。

口臭には明確な原因があります。その原因に沿った対策を取れば口臭は軽減します。
口臭の原因の90%は口の中の細菌によって作られています!

口臭の4つの原因

原因1:唾液の減少

唾液は口内を正常に保つ働きをしています。
そのため、唾液の分泌が減ることで口内が乾き、細菌が増えて口臭の原因となります。

原因2:タバコと食事

タバコによる口臭は煙草に含まれるタールとニコチンが原因です。タバコを吸うと歯や舌や歯茎などに煙草の成分が付着し、細菌が増えることで強烈なにおいになります。
同じようににおいの強い食べ物を食べると、口内に食べたもののカスなどがたまることでにおいが発生します。においの出やすい食べ物の代表はニンニクです。

原因3:虫歯、歯周病などの口内の病気

虫歯や歯周病があると、口内が正常に保ててないということを意味します。
それはにおいを発生する細菌が多いということです。
結果として、強いにおいを発生することになります。

原因4:ストレス

ストレスを感じると、人間の唾液量は3割も減ります。唾液の量は自分ではコントロールしにくい自律神経によってつかさどられているため、自分の意思とは関係なく唾液の分泌が制限されてしまいます。

唾液が減り口内が乾くと、細菌が繁殖しやすい環境になります。そのためストレスを感じ続けるとドライマウスになり、口臭が発生しやすくなります。

-口臭の原因
-,

関連記事