あい☆らぶ

自分の性の魅力を再発見。セックスレス、性交痛、妊活で壁。自分が幸せであることを解放して大胆に!

体臭と加齢臭

体臭と加齢臭

体臭と加齢臭はどう違うの?

体臭と加齢臭の違いについて分かりにくい点が多いので徹底的に解説します。

体臭と加齢臭の違いは?

体臭も加齢臭も身体の中から出てくるにおいであることは同じですが、においをはする元が違います。
体臭:汗腺から出る汗がにおう
加齢臭:皮脂腺で作られるノネナールが原因でにおう。

汗の臭いは年齢には関係なく発生していきますが、年齢が若い方が汗をかく量が多い傾向にあるため体臭は若年(10代後半~30代)で強くなる傾向があります。
身体を清潔に保たないことで、汗と雑菌が混ざり合うと、さらに体臭がくさくなります。

加齢臭は皮脂腺のノネナールが原因なので、40代~加齢臭が強くなっていきます。
40代以降は皮脂腺から分泌されている脂質の量が多くなり、酸化しやすいため、加齢臭として不快なにおいを発する原因になります。さらに、女性よりも男性の方が皮脂腺の活動が活発なため、原因になるノネナールが発生しやすいのです。

日本人はにおいに敏感

自分以外の人の身体から発するにおいに私たち日本人は敏感に反応しています。

海外では香水などでにおいをごまかすことを基本としますが、日本では脱臭=無臭であることを望む習慣があります。
日本では古くから生ものを食べ、発酵食品(納豆、しょうゆなど)を食するので、においに対して敏感に感じ取る習慣があるからです。

近年ではにおいの強い柔軟剤が好まれる傾向に変わってきてはいますが、臭いを消して清潔にしてから芳香を付けます。これは海外で好まれる香水と決定的に違う点です。

他人のにおいには敏感でも自分の発する臭いには、なかなか気付けないものです。
常日頃から自分の身の回りを清潔に保つ意識を発達させるのが好ましいです。

-体臭と加齢臭
-, , , ,

関連記事